ディズニーランドの現在

お城2000年に入ってからは2015年に開園から60周年の節目を迎え、眠れる森の美女の城にダイヤモンドを基調としたデコレーションが施されるなど今尚賑わいを見せています。ではなぜディズニーランドが長く愛され続けることができるのかについて説明させて貰います。

まず1つ目は徹底された雰囲気作りです。また、ディズニーランドの設定は日常から切り離された夢の国です。そしてディズニーランドの中では従業員のことをキャスト、来客をゲストと呼んでいるほどの徹底ぶりです。ゲストには現実感を与えないようにパークの周囲には木を植えて高速道路やホテルなど見えないように配慮されています。

2つ目はパーク内に設置されている直営ホテルがあることです。パーク内には3つのディズニー直営ホテルがあり、中にはモノレールでディズニーランドの一部エリアまで行くことができます。また、ディズニーランド周辺にも宿泊施設がいくつかあり観光客も行きやすいようになっています。

そして3つめは世界最大規模のアトラクションの数々です。インディジョーンズやファインディングニモなどディズニー映画をモチーフとしたリアリティーのあるアトラクションが沢山あり、今も増え続けています。


ディズニーランドの過去

家族世界初のディズニーランドは1955年アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルス近郊にオープンしました。その後ディズニーランドはアメリカ国内のみならず日本やフランス、香港などの世界各国に展開していきました。1975年にはアメリカの国賓として昭和天皇と皇后が最初に建築されたディズニーランドを訪れたことでも有名です。当初の目的は社員のための娯楽施設として利用される予定でしたが、第二次世界大戦後に、より広い土地が必要であることが発覚したため新たな資金源の開拓が必要となった。

オープン初日から想定していた来園者数をはるかに超えましたが、1950年代後半~1960年代には徐々に増えていきました。1959年には新しいアトラクションも複数追加され、更なる発展を遂げました。

1970年代以降になると日本などアジアからの来場者数が急増し、それまではヨーロッパ言語のみの案内板だったのですが初めてアジア言語の日本語が使用されました。1983年4月には、ディズニーランドとして初めての海外進出となる東京ディズニーランドが日本の千葉県に開園を迎えましたが、その後もアメリカのディズニーランドへの日本人来場者が多かったため日本人客に対する対応が継続されました。


ディズニーランドをもっと知ろう

ねずみ日本でもっとも知名度があり、多くの方が楽しむアトラクションとなっているディズニーランドは、過去現在を紐解くことで、今までとは違う視点に気づくことでしょう。当サイトではディズニーランドの過去と現在の違いやポイントなどを具体的にまとめていますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。なかなかほかでは体験できないような魅力も多くございますので、その点を一度、確認していることをおすすめいたします。いろいろとほかでは感じることができないポイントも多くございますので、その点について触れてみることをおすすめいたします。

ディズニーランドについては、なかなかほかでは体験できないようなポイントも多く、その点を一度、感じ取ってみるとよいでしょう。また、ディズニーランドの特徴や、なかなか普段は知ることができない歴史を興味がある方は、チェックされてみてはいかがでしょうか。ディズニーランドだからこそ感じられる魅力があり、多くのポイントもございますなかなか普段は感じ取ることができないようなすばらしさがディズニーランドにはあります。他、歴史や文化を紐解けば、ディズニーランドについても今までとは違う視点から見直すことができますのでこちらで紹介をします。