ディズニーランドの過去

家族世界初のディズニーランドは1955年アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルス近郊にオープンしました。その後ディズニーランドはアメリカ国内のみならず日本やフランス、香港などの世界各国に展開していきました。1975年にはアメリカの国賓として昭和天皇と皇后が最初に建築されたディズニーランドを訪れたことでも有名です。当初の目的は社員のための娯楽施設として利用される予定でしたが、第二次世界大戦後に、より広い土地が必要であることが発覚したため新たな資金源の開拓が必要となった。

オープン初日から想定していた来園者数をはるかに超えましたが、1950年代後半~1960年代には徐々に増えていきました。1959年には新しいアトラクションも複数追加され、更なる発展を遂げました。

1970年代以降になると日本などアジアからの来場者数が急増し、それまではヨーロッパ言語のみの案内板だったのですが初めてアジア言語の日本語が使用されました。1983年4月には、ディズニーランドとして初めての海外進出となる東京ディズニーランドが日本の千葉県に開園を迎えましたが、その後もアメリカのディズニーランドへの日本人来場者が多かったため日本人客に対する対応が継続されました。